ドラッグストアで購入できる薬でいぼの治し方

sp-kanri
2016年11月2日

いぼはヒトパピローマウイルスに感染することによってできる腫瘍です。自然治癒することもありますが、数が増えたり、大きくなったりすることがほとんどです。また、他人に感染させてしまうこともあり得るので、治療は必ずしたほうが良いです。ですが、自力で削り取るといった荒治療は絶対にしてはいけません。いぼを削ると中の菌が周りに飛び散り、前述したように数が増え、いぼの範囲が広がったりする恐れがあります。
ほっておくのだめ、削ってもダメ、だったらどうしたらいいのでしょうか?治し方は?答えは簡単です。いぼにはサリチル酸がよく効くので、ドラッグストアなどで売られているイボコロリという薬で充分に治療可能です。角質軟化作用があるサリチル酸を塗ると、角質が腐食され皮膚が柔らかくなります。そして、皮膚の下では新しい皮膚を再生しようと細胞分裂が促進されます。これにより、いぼが下から再生された皮膚によって押し上げられ、患部を除去できるのです。
おすすめの治し方、薬の使い方は、入浴後の柔らかい肌に使うことです。肌が軟化しているときに使用することで薬の成分の浸透が早くなり、治りも早いので効果的です。

Comments are closed !